エアコンで節電!!

   

.\
夏場の電力で大きな割合を占めるのはクーラーですよね
エアコンの効率的な使い方を教えます
まず冷房機器を使うに当たって一番大切なことは
室温を下げることではなく「体感温度を下げる」事
部屋の温度が下がってても「暑いな」と感じたらつらいですし
部屋の温度が下がってなくても「心地良い」と感じられたら良いわけです
P1010010.JPG
1.湿度
40~60%が望ましい湿度とされているので夏場は60%以下を心がけましょう
エアコンをよく使うリビングに湿度計を一つ置いておくといいです
(サワンタイは湿度計と温度計が付いている時計を使ってます)
最近のエアコンは除湿モードのままだと電気代がかかるので
ある程度除湿してから冷房モードに切り替えると効率的ですね
P1010009.JPG
2.風向・風の流れ
冷房の風は冷たい空気なので上から下に落ちてきます
なのでエアコンの風向は上に向けるのがベストです
(下に向けると冷え性の人は大変ですよね)
そして扇風機やサーキュレーターで部屋の空気を対流させてあげると
より効率的に部屋を冷やすことが出来ます
(冷房だけより扇風機をかけたほうが電気代が安くなるなんて不思議ですが)
P1010011.JPG
3.エネルギーのロスを減らす
最近の高いエアコンは自動掃除機能が付いていますが古いエアコンや
安いエアコンには付いていません
フィルターは簡単に外れるものがほとんどですので
掃除機でほこりを吸い取るだけでかなりロスが減ります
月に一回でもしておけば十分でしょうか
サワンタイではあまり使わないエアコンは年一ぐらいでフィルター掃除してます
4.部屋にあったエアコン選び
あまりにも古いエアコンなら買い換えたほうがお得です
1995年より前の製造だったら40%ほど電気代が安くなるといわれてます
色々と調べられるサイトもあるので
http://shinkyusan.com/index.html
気になる方は是非確かめてください
次回は「エコな照明の使い方」の予定です

 お問い合わせはこちら

 - 快適エコ楽生活